再受験日記~ある京大生による医学部再受験の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代ゼミ東大入試プレ返却
2006年08月18日 (金) 12:38 | 編集
プレ1

東大プレの成績表が返ってきました。

総点は234/440

詳しくは画像を。

名前掲載は240(=理Ⅰ・Ⅱ A判定)以上。

理Ⅲは合格確率25%だそうです。
理Ⅰ・Ⅱは75%らしいです。
理Ⅱにしよっかな・・・ねーよ。
かといって地元の医学部を受けようという気にも・・・。
阪大あたりが俺の限界なのでしょうか。

帰省中、勉強道具は持って帰ったのですがほとんどやってません。

親に色々言われました。

「あんた医者なんて向いてないでしょ、やめときなさい」
「じゃあ何に向いてるわけ?」
「・・・なんか他に無いの?」
「・・・」
「・・・」

無難に就職して欲しいのでしょう。
公務員をしきりに勧めてきます。
「LECにでも行く?そのほうがまだ・・・○○君のお兄ちゃんは××市の(以下略」
┐(´~`)┌
弁理士でもとろっかな・・・。
とすると就職は院出てからだな・・・。
・・・。
・・・。

しかしまぁ、何で生物にたどり着いてしまったんでしょうかねぇ。
生物ってほんとつぶしが利かないし。
本来は物理工志望だったんですが・・・。
物理工なら再受験なんて考えなかっただろうに。

で、結論としては、こっちの勉強は7月から全然手に付かないし、やる気も自信も失っておりますし、とりあえずセンターは出願しますけども、どうなるかわかんないということです。

おわり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。