再受験日記~ある京大生による医学部再受験の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1回代ゼミ東大プレ自己採点
2006年07月16日 (日) 18:51 | 編集
受けてる人数少ねぇー。
半分ぐらい休み?だったし。
ちなみに理科は全員男でした。
 
国語25/80(現10/40・古10/20・漢文5/20 ???)
数学65/120(2完3.5半)
英語56/120(①8/21 ②0/18 ③20/30 ④16/25 ⑤12/26)
物理32/60(①12/20 ②16/20 ③4/20
化学48/60(①17/20 ②11/20 ③20/20)
合計226/440≒50%
あくまで自己採点です。
きっと各教科何点かずれます。
 
ちなみに去年は、
 
科類 A.B.C.D
文一 248/229/205/177
文二 239/217/194/166
文三 237/208/189/161
理一 203/178/160/138
理二 201/175/158/138
理三 272/259/236/199
 
だそうです。
今年はもうちょっと高いんじゃないかな。

 
感想
 
国語
現代文は最初に書いた満点の答えを後でややこしく書き直してしまい-5。あと、漢字で契機を木契機とw
古文は勉強してないので細かい訳ができず減点。内容はつかめた。
漢文は三虫を勘違いしてしまいカス。
 
数学
1、2はおk。1で最後答え書き間違ったかもしれないけどその上で計算してる部分は合ってるので大きな減点はないのではないかと。
3は前半のみ。
図形的に証明するうまいやり方があった模様。
時間を無駄にする。
4-1は微分を最後まで完成してないことに終了20秒前に気づく。
どうりでわけが解らないわけだ。
5も前半のみ。パズル的な問題。
6は一次変換。新過程の範囲まだ学習してませんw
でも方針は合ってた。
計算が面倒なので途中で放棄。
もうちょっとすすめて部分点をもぎ取るべきだった。
 
英語
ペースミス。
5の長文に時間をかけすぎた。
リスニングの準備も長すぎた。
英作とパラ整まで時間が回らなかった。
速読鍛えましょう。
 
物理
1は計算がややこしそうなので最後後回し・・・にしようとしたら時間足りず。
2は問題Ⅳを見落としwwm9(^Д^)
3、Ⅱの最初で勘違いしてそのまま盲進。たぶん0点。ああああああ最低
今回は物理に凡ミスの波が来たようです。。
 
化学
1、最後に計算結果を出す時間が足りなかったけど大きな減点はなさそう。
2、うわぁへんなかんちがいしてるなりぃ・・・1問時間足りず。
3、意地でパーフェクト。
しかしここで時間を使いすぎ、理科全体の点数を落とすハメに。
テラアホス。
 
初の東大形式模試。
理科面倒だなぁ・・・。
 
あと90点取らなきゃ。
勉強しよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。