再受験日記~ある京大生による医学部再受験の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況報告
2013年03月21日 (木) 19:57 | 編集
第107回医師国家試験に合格しました。
詳細は別blogをどうぞ。

医師を志して受験勉強をはじめてから7年。今の大学に合格してから6年。あっという間でした。
ここでこうやって報告できるのはちょっと感慨深いです。
いよいよ研修生活の始まりです。

今後研修で忙しくなりただでさえコメントを見逃したりしていているのがますます酷くなるかもしれませんが、何かあれば出来る限り返信させて頂きます。
ただ、あれから6年、受験からも遠のきそろそろ僕のアドバイスなども参考にならなくなっているかもしれません。
それでもよければ。


最後(?)に医学部受験を考えている方に幾つか。

まず少子化、定員増の影響か?はたまたもともと持ち上げられすぎていただけなのか?
しかし予備校のボーダーも下がっているように、特にそのしわ寄せが行く下位の大学ほど、今まで言われていたほどの学力は求められなくなっているように思います。
バイトで受け持った生徒たちを見ていても。

しかしそれでも一般的に見ればまだ難関なのは事実。
舐めてはいけません。


浪人覚悟の人は1浪で受かることを前提に挑んで下さい。
再受験でも同じです。1年です。

それでダメなこともあるでしょう。
その時更に浪人を続けるか、それは1年での伸びを考えて決めて下さい。
2浪くらいまではそこそこ伸びます。そこから先はかなり鈍化してきます。

医学部だから何浪でも許される?何浪もした末合格した人を知っている?
何浪でも許される財力があり、最悪医学部に入れなくてもなんとかなるような方は止めはしません。
しかし、その成功例の裏に浪人を重ねた末涙を飲んで諦めた人が大勢いることを忘れてはいけません。

絶対に医師になるんだ!
そんな強い意志がないならば、取り返しがつかなくなる前に違う道を選んだほうが賢明です。
それは決して敗走ではありませんよ。
医学部に行くことがすべてではないのだから。
それに就職の保証という点を除けば医師より待遇のいい仕事なんてたくさんありますからね。


以上、ネガティブなこともいいましたが、頑張る方は応援しております。
このブログを参考に合格した、というようなコメントは本当に嬉しいですし。
それでは、一足先に医療の世界で待っています。
スポンサーサイト
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。