再受験日記~ある京大生による医学部再受験の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog:再受験日記
2020年01月01日 (水) 00:00 | 編集
このブログは京都大学3回生だった僕が医学部再受験を決意し合格するまでの1年間を記録したものです。

近況報告 2013/03/21

受験記
前編
後編

直前期(2月)の記事

勉強法等

使用参考書レビュー
英語
数学
物理
化学

別ブログ再開しました。2010/02/18
http://thecell.blog109.fc2.com/
(不定期更新,last update 2013/03/21

質問等ありましたらこの記事のコメント欄↓でどうぞ。
http://resuscitation.blog61.fc2.com/blog-entry-198.html#comment
スポンサーサイト
2年目
2014年05月29日 (木) 23:28 | 編集
研修医になりたてのころはバリバリの内科志望でしたが、最近はいろいろと思う所もあり、別の科がいいかなとか思い始めています…がまだまだ迷いも大きく、なんとも言えない状況です。
どの科にせよとりあえず3年目は自大学に入局する方針です。
ああ悩ましい。

今更ですがコメントに返信しました。
今更すぎてほんとうに申し訳ありません。
再受験について、近況報告を兼ね
2013年10月27日 (日) 14:55 | 編集
内科ローテーション中です。正直忙しいです。もっと楽そうな研修先を選べばよかったと後悔しています(笑)

自己紹介で再受験のことを言うと褒めてもらえたりするんですけど、振り返ってみても自分ではほんとそんな大したことはしてないしストレートで医者になった人たちの方が年数的にいろいろアドバンテージがあって羨ましいなと思うわけですが。

以下、最近頂いた質問(再受験に踏み切ったわけは?後悔などないか?)に対する返信です。
だいぶ美化されてしまってる気もしますが当時の思いを振り返って。


こっちの道を選んだことに関しては後悔はありませんよ。今の研修病院を選んでしまったことに関しては後悔がありますが(笑)

1つは僕が行ってた学部…まあそろそろ言ってしまうと総合人間学部なんですけど、そこの特性でもあるんですが、専門的な知識を活かした仕事を選びづらかったことですかね。もともと工学部志望で直前に迷いに迷って選んで、でもいざ将来のことを考えるとやっぱり工学系にしておけばよかったなと。

そんな中再生医療の講義を受けて、これだ!と思って。でも生物系の研究って、扱ってる部分があまりに狭いというか、総合的に人体を診ることが出来て、しかも仕事にも困らない、これは医学部に行くしかないと思ったんですよね。生物系で研究の道で生き残る自信がなかったと言うのもありますけど。
あと受験中、3回生の秋にいろいろ説明会も行ってみましたがやはりピンと来る会社がなかったんですよね。

あまり気乗りせず大学院に行くくらいなら、医学の道も考えてみてはいかがでしょうか。学部を卒業されるなら学士編入という手もありますし。

近況報告
2013年03月21日 (木) 19:57 | 編集
第107回医師国家試験に合格しました。
詳細は別blogをどうぞ。

医師を志して受験勉強をはじめてから7年。今の大学に合格してから6年。あっという間でした。
ここでこうやって報告できるのはちょっと感慨深いです。
いよいよ研修生活の始まりです。

今後研修で忙しくなりただでさえコメントを見逃したりしていているのがますます酷くなるかもしれませんが、何かあれば出来る限り返信させて頂きます。
ただ、あれから6年、受験からも遠のきそろそろ僕のアドバイスなども参考にならなくなっているかもしれません。
それでもよければ。


最後(?)に医学部受験を考えている方に幾つか。

まず少子化、定員増の影響か?はたまたもともと持ち上げられすぎていただけなのか?
しかし予備校のボーダーも下がっているように、特にそのしわ寄せが行く下位の大学ほど、今まで言われていたほどの学力は求められなくなっているように思います。
バイトで受け持った生徒たちを見ていても。

しかしそれでも一般的に見ればまだ難関なのは事実。
舐めてはいけません。


浪人覚悟の人は1浪で受かることを前提に挑んで下さい。
再受験でも同じです。1年です。

それでダメなこともあるでしょう。
その時更に浪人を続けるか、それは1年での伸びを考えて決めて下さい。
2浪くらいまではそこそこ伸びます。そこから先はかなり鈍化してきます。

医学部だから何浪でも許される?何浪もした末合格した人を知っている?
何浪でも許される財力があり、最悪医学部に入れなくてもなんとかなるような方は止めはしません。
しかし、その成功例の裏に浪人を重ねた末涙を飲んで諦めた人が大勢いることを忘れてはいけません。

絶対に医師になるんだ!
そんな強い意志がないならば、取り返しがつかなくなる前に違う道を選んだほうが賢明です。
それは決して敗走ではありませんよ。
医学部に行くことがすべてではないのだから。
それに就職の保証という点を除けば医師より待遇のいい仕事なんてたくさんありますからね。


以上、ネガティブなこともいいましたが、頑張る方は応援しております。
このブログを参考に合格した、というようなコメントは本当に嬉しいですし。
それでは、一足先に医療の世界で待っています。
6年生になりました
2012年06月25日 (月) 00:03 | 編集
お久しぶりです。
6年生になり残すところあと1年となりました。
相変わらずアルバイトでの指導は続けています。
今は8月のマッチングに向け勉強しています。
今後の2年間を決める大事な時期なので限られた時間を大切にしていきたいものです。
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。